« ホンダV8エンジンテスト | トップページ | BAR2戦出場停止 »

BARホンダ除外?

サンマリノGPでバトンの車両が最低重量より軽かった問題の聴聞会が4日ありました。FIA側はBARホンダを今シーズンの選手権から除外することと100万ユーロ(約1億3500万円)の罰金を求めたとのことです。

BAR側は聴聞会での自分達の説明に自信があったようですが、その後、もしクロの判定がでた場合でもFIA側の処分は重すぎる、適度な罰金を望むと答えています。さらに一般の法廷で争うことを考えているとも答えています。

かなり深刻な事態になってきました。FIA側の要求はかなり厳しく、バーニー・エクレストンもBARはクロだろうと言っています。 

もし、明日クロの判定が出たならばBARは一般法廷に持ち込み、決着が出るまでの間はレースに出続けるということになるのでしょうか。

シロの判定が出て、BARの疑いが晴れることを願っています。

 

|

« ホンダV8エンジンテスト | トップページ | BAR2戦出場停止 »

F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102996/3986341

この記事へのトラックバック一覧です: BARホンダ除外?:

« ホンダV8エンジンテスト | トップページ | BAR2戦出場停止 »