« 13日テスト: 琢磨トップタイム | トップページ | サインツWRC復帰 »

FIA GT/WTCC シルバーストーン

2005/5/15に英シルバーストーンで行われたFIA GT/WTCCに行って来ました。 土曜にロンドンから列車で1時間ちょっとのMilton Keynesにホテルをとり、日曜の朝タクシーでシルバーストーンに行きました(30分35ポンドくらいです)。

FIAGT 3時間耐久レースのFIA GTは今回がデビューとなるアストンマーチン DBR9(No.28), マセラティMC12(No.10), コルベットC5R(No.6)が序盤をリード。この3台は1-2秒差の接近戦でした。4位以降は多分 DBR9(No.29), フェラーリマラネロ550(No.11), 550(No.17), MC12(No.9), MC12(No.15とNo.16)の順。

その後ピットインなどで順位が入れ替わり、終わってみればアストンマーチンDBR9が4位以下を周回遅れにして、1-2フィニッシュ。 3-5位がマセラティMC12, 6,7位がフェラーリマラネロという順。序盤健闘したコルベットはトラブルでリタイアしました。

FIA GT結果
Pos Drivers Make Time/Gap
1. Kox/Lamy Aston Martin DBR9 3:00:28.713
2. Brabham/Turner Aston Martin DBR9 +1.937
3. Babini/Biagi Maserati MC12 GT1 +11.078
4. Bertolini/Wendlinger Maserati MC12 GT1 +1 Lap
5. Bartels/Scheider Maserati MC12 GT1 +1 Lap
6. Gardel/Gollin Ferrari 550 Maranello +1 Lap
7. Deletraz/Piccini Ferrari 575 Maranello +2 Laps
8. Peter/Buncombe/Rusinov Maserati MC12 GT1 +2 Laps
9. Lieb/Rockenfeller Porsche 996 GT3 RSR +5 Laps
10. Ardizzone/Panzavuota/Hooker Saleen S7 R +7 Laps

WTCCWTCCの第1レースはアルフォロメオが1-4位と上位独占。第2レースは第1レースの結果でグリッドが決定。上位8台は逆順でスタート(つまり第1レースの8位がポールポジション、優勝者が8番グリッド)。そのせいか1週目からセーフティカーが入る波乱の展開。レース再開後はCar No.1のBMW, SEATという順でレースが進みましたが、 BMWはトラブルでリタイア。結局SEATが優勝しました。

アコードユーロRは第1レースが12位と20位、第2レースが15位と19位でした。 2003年にJGTCのNo.16 NSXのドライバーだったトム・コロネルもSEATで参戦していました(第1,第2レースとも14位)。

WTCC第1レース結果
Pos Driver Team Time/Gap
1. Gabriele Tarquini Alfa Romeo Racing 20:35.654
2. James Thompson Alfa Romeo Racing + 1.287
3. Fabrizio Giovanardi Alfa Romeo Racing + 1.626
4. Augusto Farfus jr. Alfa Romeo Racing + 1.924
5. Andy Priaulx BMW Team UK + 4.386
6. Peter Terting SEAT Sport + 5.595
7. Rickard Rydell SEAT Sport + 6.019
8. Jason Plato SEAT Sport + 10.187
9. Jorg Muller BMW Team Deutschland + 11.611
10. Dirk Muller BMW Team Deutschland + 12.170
...
12. Roberto Colciago JAS Motorsport + 17.103
14. Tom Coronel GR Asia + 22.195
20. Adriano De Micheli JAS Motorsport + 39.547

WTCC第2レース結果
Pos Driver Team Time/Gap
1. Rickard Rydell SEAT Sport 21:43.465
2. Jason Plato SEAT Sport + 4.709
3. Gabriele Tarquini Alfa Romeo Racing Team + 5.049
4. Augusto Farfus jr. Alfa Romeo Racing Team + 5.557
5. Jordi Gene SEAT Sport + 6.712
6. Dirk Muller BMW Team Deutschland + 7.239
7. Jorg Muller BMW Team Deutschland + 14.616
8. Fabrizio Giovanardi Alfa Romeo Racing Team + 19.599
9. Marc Hennerici Wiechers-Sport + 23.685
10. Valle Makela GR Asia + 23.973
...
14. Tom Coronel GR Asia + 27.095
15. Adriano De Micheli JAS Motorsport + 27.140
19. Roberto Colciago JAS Motorsport + 49.941

レース写真:

詳細な結果:

TB先:

|

« 13日テスト: 琢磨トップタイム | トップページ | サインツWRC復帰 »

モータースポーツ(海外)」カテゴリの記事

コメント

トラバ御礼!!!

投稿: noricars | 2005/05/21 06:01

TBどうもです!シルバーストン行かれたんですね~いいなー。
ライブストリームではFIA-GTも見られるので見てましたが、
アストンマーチン強かったですね!

投稿: リント | 2005/05/21 08:33

noricarsさん、リントさん、コメントありがとうございます。
アストンマーチン速かったです。
コルベットがリタイアしてしまったのが残念でした。

投稿: scivi | 2005/05/21 12:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102996/4146122

この記事へのトラックバック一覧です: FIA GT/WTCC シルバーストーン:

» WTCC:第三戦シルバーストーン [M小林の日々思うこと]
2戦(4レース)を終了してドラーバーズポイント上位3人のA.プリアール、J.ミュ [続きを読む]

受信: 2005/05/16 07:27

» [WTCC]第3ラウンド・シルバーストーン [リントのぶろぐ日記]
今回はジータスのMotoGPが生放送だったので、WTCCのライブストリーム放送と重なってしまわないか心配でした。 ちょうどMotoGPで3位のエドワーズのインタビューあたりでWTCCの第1レースがはじまったのでギリギリセーフ。 第1レースは1位から4位までをアルファ勢(タルキーニ・トンプソン・ジョバナルディ・FarFusJr(ファーフスJr?)が占め、 その後にBMWのプリオールが続くという結果でした。 セアトのリデルは、チームメイトのTerting(ターシング?ドイツ人さんです)と6位争いをしてい... [続きを読む]

受信: 2005/05/21 08:30

» CAR[アコード] [車の知識: CAR[アコード]]
CAR Mania<アコード>アコード(ACCORD)は本田技研工業の自動車である。 1985年にホンダ・レジェンド|レジェンドが発売されるまではホンダのフラッグシップ車であった。現在はセダン(7代目)とステーションワゴンのホンダ・アコードワゴン|アコードワゴン(ACCORD WAGON)(4代目)がある。 より小さなホンダ・シビック... [続きを読む]

受信: 2005/05/24 03:30

« 13日テスト: 琢磨トップタイム | トップページ | サインツWRC復帰 »