« British GT | トップページ | 写真: ルマン24時間2 »

写真: ルマン24時間1

2005年6月18-19日のルマン24時間レースのときの写真です。

5-0最終シケイン(フォードシケイン)に一部金網が切れている部分があり、
ほとんどそこで撮っています。
LMP1でも1週3分40秒近くかかるので、一度撮り逃すと次撮るまでかなり待たなければならないのがちょっとつらかったです。

Car No.5 童夢。序盤の写真です。
ドライバーは多分上は道上龍、下の最初の2枚は荒聖治。
フランス語の場内放送では道上の名前をよく聞きました。
それだけ速かったんだと思います。

5-1 5-18 5-b

童夢のピット。
1,2枚目は一番最初のピットイン
(DOME Report 23, 24 参照)
3枚目は0時頃のドライバー交代時。
待っているドライバーは多分金石勝智。
(DOME Report 30 参照)
4枚目はリタイア後、後片付けをするスタッフ。
ちょっと寂しいですね。
なお、Exifの時刻はGMTなので現地より1時間遅れています。
そういえば、水玉ギャルも童夢のうちわを持った人も見かけませんでしたね。
どこで配ってたんだろう?
ADVANのうちわを持った人はたくさんいました。

Dome-Pit1 Dome-Pit4 Dome-Pit2 Dome-Pit3

Car No. 9 Team JOTA (Zytek).
多分1枚目のドライバーが黒澤春樹

9-1 9-4

13-1 ADVANカラーのCar No.13 Courage Competition
トラブルでほとんど走れなかったのが残念でしたね。

第1コーナーの童夢(金石勝智)、Courage Competition, No.91 T2M Motorsport.
スタンド(指定席)の客が少ないですが、
自由席にはたくさんいました。
なぜかスタートとフィニッシュ以外はスタンド指定席は観客が少なかったです。

5-4 13-2 91-3

|

« British GT | トップページ | 写真: ルマン24時間2 »

モータースポーツ(海外)」カテゴリの記事

コメント

童夢の「ブツブツカラー」はウゲゲ!…でした…
スパでのエンデュランスレースの時は普通のカラーリングだったのに
何でだよー!と思ってました…

投稿: リント | 2005/06/24 15:38

童夢のカラーリングはイギリスの雑誌でも
ちょっと変わったカラーリングというニュアンスで
書かれていたような気がします。
林社長の趣味なんですかね。
僕個人はPescaroloのカラーリングが好きです。

投稿: scivi | 2005/06/24 17:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102996/4663762

この記事へのトラックバック一覧です: 写真: ルマン24時間1:

« British GT | トップページ | 写真: ルマン24時間2 »