« WRC モンテカルロ LEG1 | トップページ | ペター リタイア »

ローブ クラッシュ

WRCモンテカルロはローブがクラッシュ。
滑りやすいコンディションの中、
SS6の4速コーナーでコントロールを失ってクラッシュした模様。
ダメージはそれほど大きくないようなので、
スーパーラリーでLeg2は復活するようです。

代わりにトップに立ったのはFordのグロンホルム。
SS1でいきなりスピンして出遅れたものの、
2つのステージウィンを獲得しています。
SS1のスピンについてのコメント:
「ペースノートには"really slippery"て書いてあったんだけど、
"really, really, really slippery" だった」
Leg1終了後(かな?)には
「僕のお婆ちゃんのように運転していた」とも話しています。
(実はお婆さんはすごい速い人なのかも 笑)
相当難しいコンディションのようです。

1分23秒遅れて、2位にはSubaru勢の中でスノータイヤを選択したアトキンソン。
3位はプジョーのガルデマイスター,
4位Skodaのパニッツィ、5位プジョーのストールで、
2位から5位までは約15秒の差。
厳しい争いですね。
6位はSkodaのデュバル、
7位、8位にペター、アトキンソンのスバルワークス勢。
ペターは表彰台も狙えそう。

午前4位だった三菱のガリはSS4でクラッシュ、リタイア。
ほんと、大混乱のラリーですね。
WRC.comも午前中にあった記事がトップページから消えたりして混乱しているようです(笑)

|

« WRC モンテカルロ LEG1 | トップページ | ペター リタイア »

WRC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102996/8256495

この記事へのトラックバック一覧です: ローブ クラッシュ:

« WRC モンテカルロ LEG1 | トップページ | ペター リタイア »