« 結界師 | トップページ | SuperGT 最終戦 富士 決勝 »

SuperGT 最終戦 富士 予選

土曜は朝7時半から公開車検。
ピットウォークと比べて全然人が少ないので(1/20くらい?)
マシンがじっくり見れます。

Dsc_1444

Dsc_1570

NSXはフロントのカナードありがTAKATAとRAYBRIG.
なしがEPSONとARTA.

Dsc_1466
RAYBRIGはウェイト100kg.

Dsc_1487 Dsc_1549
SCはTOM'S, Mobile1がカナードあり。
ZENT, バンダイはカナードなし。

予選結果をみるとカナードなしの方が上位に来てますね。

Dsc_1580 Dsc_1592
Z勢はカバーをかけてリアウィングを隠してました。
でもカソルニックは全開(笑)

Dsc_1866
アタックに向かう300車両。

Dsc_1832
TAKATAとTOM'S.
予選1回目はTOM'Sが10位、TAKATAがコンマ1弱の差で11位。
あともう少し速ければ...

Dsc_2052
ARTAトークショー。
土屋圭市曰く、APの後、亜久里に電話してGTやめると言ったとか。
かなりご立腹の様子。
SCとNSXではストレートで12km/h違うそうです orz
300のポルシェに抜かされないようにしないと(^^;

Dsc_1502 Dsc_2139
GT300のポールは梁山泊の大嶋。
車検場からピットに帰るときに、場内放送に応えてガッツポーズ。

300のチャンピオン争いをしている3台は揃ってスーパーラップ進出ならず。
チャンピオン獲得のためには3位が最低条件の#61 Vemacは21位。
かなりきびしいなぁ...
RX7は13位の紫電よりちょっと上の11位。
山野哲也の3連覇なるか。

Dsc_1849 Dsc_1852
Dsc_2185 GT500は昨日から好調のEPSON NSXがポール。
デュバルがアタック中序盤にミスして第2セクターまで確かコンマ2くらい遅れてました。
だめかぁと思ったら最後に逆転でポール。
APで遅く走った甲斐がありました。
何もなければ明日はぶっちぎりで優勝でしょう。
(予想外のトラブルが起きるのがNSXでもありますが ^^;

500のチャンピオンは予選のままの順位ならRAYBRIGですね。
実際の決勝ではRAYBRIGがポイント獲得するのは難しそうだから、
#1, #36が有利そう。
寿一、立川がスーパーラップで順位を上げて7位、5位に来たのが痛い。
6位のARTAが抑えて欲しいけど、ストレートで軽く抜かれそう orz

長い間苦労が続いていたRAYBRIGに何としてもチャンピオンとってほしいなぁ。

|

« 結界師 | トップページ | SuperGT 最終戦 富士 決勝 »

SuperGT -07」カテゴリの記事

コメント

( ゚д゚)つ[「市」な]

投稿: ◆RyoGAM(Motorsportfb) | 2006/11/05 09:50

お疲れ様でした、あまり寒くなくて良かったですね。
#7に決まって嬉し泣きです。500クラスの順位もなにも、すっかり忘れてしまいました。結構いろんなことがあったみたいでしたが。
山野哲也選手の採用に関して何か適当なこと云われてて、悔しい気持ちもあったので、今回優勝ではなかったけどチャンピオンを獲れて良かったなぁ、と思っています。雨さんも幸せそうな笑顔でした。
フジのピットは広いですよね。マシン同士の間隔が広くてよく見えるのは善いんですけど、歩くのは辛い。

投稿: koura | 2006/11/06 00:09

> RyoGAMさん
直しました。素直にドリキンと書けば良かった ^^;

> kouraさん
#7は奇跡の大逆転ですね。
レース序盤に山野さんがスピンして、紫電が8位くらいを走ってたときに
もう紫電で決まりだなぁと思いました。
山野さん3連覇凄いです。

投稿: scivi | 2006/11/06 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102996/12554017

この記事へのトラックバック一覧です: SuperGT 最終戦 富士 予選:

» 林ミノルがまともなことを言っている件(その1) [MotorsportsFlashback]
このblogで、かつての「京都のオサーン」改め「米原のオサーン」として、そのコラムなどをしょっちゅう引き合いに出す林ミノルですが、いつものような愚痴ではなく、今回は到って「まとも」なことを書いています。◆Nov.09.2006 天気晴朗な日曜の午後 COLUMN/ESSAY(DOME CO., LTD. || 株式会社 童夢)「ちぐはくで違和感溢れる」感じの例として、「奥田瑛二、柳葉敏郎、織田裕二、陣内孝則なんかを呼び集め吉本の新喜劇を演じさせているような」とありますが、えー、なんというか随分と8... [続きを読む]

受信: 2006/11/12 20:17

« 結界師 | トップページ | SuperGT 最終戦 富士 決勝 »