« 秋は京都2013 嵯峨野2 | トップページ | FCJ 2008-2010 »

FCJ 2006-2007

2006年から始まったFCJもいよいよ今年で最後。
最終戦は事情により行けなかったけど、これまでの8年を勝手に振り返り。

2006年

Fcj01
初代チャンピオンは関口雄飛。
このときはトヨタのサポート受けてたんだよね。
あー、でもゼッケンNo.は23だったんだ。

Fcj02
カバ君こと中山友貴も参戦。

Fcj03
小林崇志も

Fcj04
安田 裕信も参戦。

2007年

Fcj06

Fcj05

Fcj11

FCJ2年目の第1戦のウィナーは中嶋大祐。
2位 国本京佑、3位 井口卓人、4位 山本尚貴。

Fcj08
この年から千代勝正も参戦。

この年のチャンピオンは最年少マカオウィナーの国本京佑
(レースはもう引退したと聞いたけど、今なにやってんのかな...)
で、国本京佑と最後までチャンピオンを争ったのが、今をときめく山本尚貴

Fcj12

Fcj17

Fcj09

Fcj10

Fcj16

全然変わらないね(笑)

|

« 秋は京都2013 嵯峨野2 | トップページ | FCJ 2008-2010 »

モータースポーツ(日本)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
こちらは初めて拝見しました。
私はFCJを2010年から見始めたんで、今トップカテゴリーで活躍中のドライバーさんの若い頃に感激しました。

大ちゃん可愛い♪
でもってFCJ時代からEPSONがスポンサーとは流石中嶋家(笑)

井出さんが2010年より前からアドバイザーしてるのも知らなかったので感謝です。
どうもありがとうございました!!

投稿: のぎの | 2013/11/21 23:51

コメントありがとうございます。
FCJのアドバイザーってかなり豪華ですよね ^^
伊藤大輔もARTA時代にやってましたね。

この頃のFCJのドライバーは今でも活躍している人多いですね。
今の中嶋大祐は大人びた感じがしますね。

投稿: scivi | 2013/11/22 21:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102996/58549535

この記事へのトラックバック一覧です: FCJ 2006-2007:

« 秋は京都2013 嵯峨野2 | トップページ | FCJ 2008-2010 »